C-GRAT

なぜZ世代が注目されるのか? 特徴や価値観から見るマーケティングのポイント

いまマーケティング界で大きな注目を浴びているのがZ世代です。これからの時代を担うZ世代への対応を強化することは、あらゆる企業にとって急務となっています。しかし、Z世代がそもそもどのような人たちなのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、Z世代の年齢や特徴、どうしてZ世代が重要な存在なのか、またZ世代に対するマーケティングのポイントをわかりやすく解説します。

Z世代の年齢やミレニアル世代との違いについて

まずは、Z世代の年齢や意味、ミレニアル世代との違いについて説明します。

Z世代の意味と年齢

アメリカでは、アルファベットによって年代を分類しています。1960年代なかば〜1980年ごろに生まれた人たちは「X世代」、1980年〜1990年代なかばに生まれた人たちは「Y世代」と呼ばれます。その流れを継いで、1990年代後半〜2010年代なかばに生まれた人たちは「Z世代」と呼ばれています。2022年の時点で7歳〜20代前半の人たちが、Z世代にあたります。

ミレニアル世代との違い

Z世代という言葉が浸透する前までは、ビジネスの世界では「ミレニアル世代」が注目されていました。ミレニアル世代とはY世代のことで、2022年時点で年齢が20代後半〜42歳の人たちです。インターネットが普及するなかで成長したミレニアル世代は、ITに関する知識が自然に備わり、デジタル機器を難なく使いこなせます。

そんなミレニアル世代のさらに上を行くのが、Z世代なのです。成熟したデジタル社会で生まれ育ったZ世代は、インターネットがあるのがあたりまえで、スマートフォンやタブレットなどの電子機器を、説明書などを読まずに直感的に操作できる人がほとんどです。これらの特徴から、Z世代は「デジタルネイティブ」とも呼ばれています。

Z世代が重要な理由

2022年現在、7歳〜20代前半であるZ世代は、今後ますます経済活動が活発になっていきます。当然、あらゆる企業にとってZ世代は重要な顧客となるでしょう。SNSでの発信力が高い点も、Z世代が重要とされる理由のひとつです。多くのZ世代が日常的にSNSを駆使し、日々のあらゆるできごとを発信しています。

SNSを通じて世界中の人々に大きな影響をおよぼす、いわゆるインフルエンサー達にもZ世代が数多く存在します。インフルエンサーが紹介した商品や店舗の売り上げが伸びた、有名になったといったエピソードも珍しくありません。企業や店側はZ世代をうまく味方につけることで、大きな成果を期待できるでしょう。


Z世代の特徴や購買活動について

Z世代には、ほかの年代とは大きく異なる特徴や価値観があります。以下に3つのポイントをあげて解説します。

自分の価値観を大切にする

Z世代は、自分の価値観を大切にする傾向があります。自分の好きなことや関心があることについては時間もお金も使うことを惜しみません。新しい世代に特化した若者調査機関「SHIBUYA109 lab.」が2021年に全国の15歳〜24歳の女性を対象に行った「コロナ禍におけるZ世代のヲタ活実態調査」によると、75%もの人が「ヲタ」(同調査ではヲタを「ファンであること」や「お金や時間をたくさん費やしているもの」として定義。)であると自認しています。

アイドルやマンガ、テーマパークなど、ヲタ活の対象はさまざまです。どのジャンルのヲタも、SNSでの情報収集をはじめ動画を見る、自分でグッズをつくるなどのヲタ活を楽しんでいます。また、SNSにヲタ活を投稿する人も多く、その背景には「仲間をつくり、価値観を共有したい」という欲求があるようです。

多様性を求めている

Z世代は、ジェンダーの不平等や差別といった問題にも強い関心を持っています。LGBTQ+の当事者やインフルエンサーが、ジェンダーについての話題をSNSで発信しているため、問題意識を持つようになったという人も多いようです。

性別だけでなく、固定概念や偏見で判断することにも抵抗があり、「女性だから」や「男らしく」といった言葉に違和感を持つ人が多くいます。このようなZ世代の価値観を尊重し、学校の制服をスカートとズボンから選べる「制服選択制」を導入する学校も増えているのです。

情報収集してから購入する

不況や新型コロナウイルス感染症といった問題に直面してきたZ世代は、現実的な面も持ち合わせています。消費活動においては特に慎重で、ものを購入する前にはSNSやインターネットで情報収集し、本当に価値があると感じるものを購入します。

消費活動においてもインフルエンサーの影響が大きく、SHIBUYA109 lab.が2022年に行った「Z世代のSNSによる消費行動に関する意識調査」によると、インフルエンサーのSNSの投稿で紹介していた商品を購入した経験がある人は約60%もいるという結果でした。インフルエンサーの紹介がわかりやすい、インフルエンサーを信頼している、というのが主な理由です。幼少期よりインターネットやSNSを通してたくさんの情報に触れてきたZ世代は、情報の信頼性も重視しています。


Z世代に対するマーケティングのポイント

Z世代に対してのマーケティング活動では、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

情報の透明性を高める

Z世代は買い物でも好きなものごとについても、SNSやインターネットで念入りに情報収集する習慣があります。信頼できる情報を自分で取捨選択し、本当に自分の価値観に合うものかを見極めているのです。

そんなZ世代に自社の商品やサービスをPRする際には、一方的に情報を押しつけるのではなく、透明性の高い情報を提供することが重要です。商品やサービスのメリットとデメリットを両方挙げる、ユーザーの口コミを紹介するなどして、提供する情報の透明性を高めましょう。

共有したくなるような体験を提供する

デジタルネイティブといわれているZ世代は、SNSやインターネットでのコミュニケーションがさかんです。自分の体験や価値観、好きなものに対し、SNSを通して他者と共有する習慣が根づいています。この行動によってSNS上で情報が拡散し、商品やサービスの知名度が急上昇したケースも少なくありません。

Z世代へのマーケティング活動では、思わず共有したくなるような体験を提供するのもポイントです。SNSの投稿で使われるハッシュタグをうまく活用すれば、大きな反響を生む可能性があります。

複数の方面からアプローチする

Z世代に対するマーケティング活動では、インターネットやSNS経由でのアプローチは必須です。しかし、これらのアプローチではありきたりで、数ある広告のひとつとして埋もれてしまう可能性もあります。

その対策として、オンラインでの広告に加えて、オフラインでもアプローチしましょう。オフラインでのアプローチ方法には、イベントや展示会の開催、チラシやダイレクトメールの送付といった方法があります。オンライン広告やネットショッピングに慣れている世代だからこそ、リアルな体験や紙媒体での広告に新鮮さを感じるはずです。


Z世代にあったマーケティング戦略を考えよう

Z世代が社会に対して大きな影響力を持っていることはおわかりいただけたと思います。そのため、あらゆる企業がZ世代へのマーケティング戦略を立てる必要に迫られています。ただし、Z世代は独自の価値観を持っているため、アプローチ方法は慎重に考えなければいけません。情報収集力が高い、体験を重要視するといったZ世代の特徴を理解したうえで、マーケティング戦略を立てましょう。

C-GRATの「応援ノート」は、教育機関で広告入りのノートを無料で配布するオフライン型のサービスです。応援ノートを通して企業のコンテンツやメッセージを提供し、商品の価値を伝えられます。SNSなどのオンライン媒体と掛け合わせることで、相乗効果も期待できます。Z世代へのマーケティングに関心のある方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。



まずは資料ダウンロード!

C-GRATでは、キッズ・学生マーケティングに関する資料を配布しております。

まずは資料をダウンロード

「応援ノート」子どもに関するマーケティングについてのサービス内容がわかる資料をご用意しました。

資料ダウンロード