C-GRAT

今こそ効果的なオフラインマーケティングとは? Webは万能ではない!

商品やサービスを消費者に届けるために、市場の規模や消費者のニーズなどを正確に把握し、消費者が購買行動を起こすための道筋をつけるのがマーケティングです。現在のマーケティングは、Webを活用したオンラインマーケティングと、Webを用いないオフラインマーケティングの2種類に大きく分けられます。ここではオフラインマーケティングについて、概要やメリット・デメリット、押さえておくべきポイントなどをお伝えします。




オフラインマーケティングとは

オフラインマーケティングとは文字どおり、Webを経由せずに行う、いわば従来型のマーケティングのことを指します。具体的には、顧客と直接または電話で会話したり、新聞広告やダイレクトメールなどの紙媒体を用いたりするマーケティング手法が該当します。

オフラインマーケティングは、その性質上から、アプローチできる消費者の数は限られますが、オンラインマーケティングよりも確実に情報を届けることが可能です。しかも、地道にコツコツと活動することで、マーケティング効果を着実に積み上げられます。

たとえば、顧客と直接会話するテレマーケティングなら、ちょっとした顧客のニーズの変化にもすぐに気づいて対応しやすいでしょう。これだけインターネットが普及した現代においても、無視できないマーケティング手法だといえます。

近年は、紙面や街頭の広告にQRコードを掲載して自社サイトに誘導するような、Webと連携した新しいタイプのオフラインマーケティング手法も生まれ、注目されています。




オンラインマーケティングと比較したオフラインマーケティングのメリットとデメリット

Webを活用したオンラインマーケティングが万能ではないのと同様に、オフラインマーケティングにもメリットとデメリットがあります。

オフラインマーケティングのメリット

Webを利用するオンラインマーケティングでは、広範囲の顧客に対してアプローチが可能です。しかし、Web上にはすでに情報があふれていることから、情報が信頼されにくいというデメリットがあります。一方、媒体にもよりますが、オフラインマーケティングは、オンラインマーケティングと比較すると信頼されやすいというメリットがあります。

また、対面接触や電話を用いたオフラインマーケティングであれば、顧客の小さな変化に対応しやすい点もオフラインマーケティングならではのメリットといえるでしょう。

現在は、スマートフォンやタブレット端末などに囲まれて育った若い世代が、オンラインとは正反対の「オフライン体験」、つまり、実際に手で触れることのできるものに強い関心を示す傾向があります。彼らは生活に必要なことの多くをスマートフォンで完結できてしまうため、逆に手触りの感触を楽しめるものを求めているのです。昔風の喫茶店や、フィルム式カメラ「チェキ」や「写ルンです」風の写真加工フィルターなど、昭和の時代に流行ったものがもてはやされている、近年のレトロブームもその流れだと考えられます。

またオフラインの場では、情緒的な演出を伴わせることで商品のイメージやコンセプトをより明確に伝えることができるというメリットもあります。たとえば「エナジードリンク」でおなじみのレッドブルは、クラブやバーでイベントを開催したり、エクストリームスポーツの選手とスポンサー契約を結んだり、巨大な缶を荷台に乗せた宣伝カーによるサンプリングをおこなうなど、独自のキャンペーンで若者の心をつかむことに成功しています。

さらに、オフラインマーケティングは口コミの発生源としても活用できます。たとえば、企業の商品やコンテンツなどを掲載した「応援ノート」を学校で配布すれば、生徒同士での「それ知ってる!」「自分も使ってる!」といったコミュニケーションにつながりやすくなります。発信者がクラスの人気者だったりする場合には、生徒たちの購買意欲を醸成することも可能です。

オフラインマーケティングのデメリット

オフラインマーケティングで広告を例にとると、広告を目にした人以外には、まったく情報が届きません。多くの人の目に触れるようにと広い範囲に広告を打とうとすれば、広告費用が増加します。イベントを開催する場合も、規模が大きくなればなるほど、人件費や場所代、備品代などの費用が増加します。

このように、オフラインマーケティングでは商品やサービスを訴求できる範囲が限られており、広く訴求しようとするとコストがかさんでしまう点がデメリットでしょう。

また、オフラインマーケティングでは消費者が広告を見て、「買いたい!」「ほしい!」と思っても、すぐにその場で商品を買えません。そのため、即売上につながりにくく、オンラインと比較するとデメリットといえるかもしれません。

なお、これまでオフラインマーケティングは、どの程度の割合で販売に結びついたかの「効果測定がしにくい」という課題がありました。しかし、現在ではオフラインでも効果測定ができる手段が増えています。オフラインマーケティングの効果測定においては、測定基準を事前に定義しておくことが重要です。施策を始める前に専門家に相談して進めるのが良いでしょう。




オフラインマーケティングを成功させるには

オフラインマーケティングは、オンラインマーケティングとは期待できる効果が異なります。そのため、広告チラシやダイレクトメールなどのオフライン施策と、SNSやアプリを活用したオンライン施策を組み合わせるマーケティング手法が現在の主流になりつつあります。

広告チラシやダイレクトメールを見て「ほしい!」と思ったときに、すぐに購入できないのがオフラインマーケティングの弱点です。しかし、「詳しくは◯◯で検索!」といったようにWebサイトへの誘導を促せば、自社サイトでさらに詳しい情報を知ってもらい、購入につなげることが可能です。

つまり、オフラインマーケティングを成功させるには、オフラインの情報だけで完結させずに、オンラインへと誘導することが大切なのです。オフラインマーケティングは「オンラインへの入口」として、消費者の興味を引く内容で構成する必要があるでしょう。また最近では、オンラインとオフラインを融合させたOMO(Online Merges with Offline)というマーケティング手法も生まれています。OMOとは、消費者にオンラインとオフラインの境界を意識させない手法です。

OMOについて詳しくは「OMOとは?マーケティングに欠かせない基礎知識と活用事例」をご確認ください。




オンラインとオフラインそれぞれの強みを取り入れよう

現代のマーケティングでは、Webでのコミュニケーションばかりが重視される傾向があります。しかし、販促効果をより高めるためには、オフラインマーケティングを有効活用し、オンラインマーケティングと連携させることが大切です。マーケティングの効果を最大限に引き上げるため、自社のマーケティング戦略全体を考慮してオフライン施策を立案しましょう。

効果をより高めるためには、オフラインマーケティングを有効活用し、オンラインマーケティングと連携させることが大切です。マーケティングの効果を最大限に引き上げるため、自社のマーケティング戦略全体を考慮してオフライン施策を立案しましょう。

C-GRATの「応援ノート」は、ノート中面に企業のコンテンツやメッセージを載せ、学校などの教育機関を通して子どもや学生に無料で配布できるサービスです。学校で配布されるため信頼度が高く、企業のメッセージを子どもや学生に直接的に届けられます。また、SNSとの連携や、QRコードを掲載して自社サイトに誘導するといったマーケティング展開も可能です。子どもや学生向けのマーケティング施策でお悩みの担当者様は、ぜひC-GRATの「応援ノート」をご検討ください。




まずは資料をダウンロード

「応援ノート」子どもに関するマーケティングについてのサービス内容がわかる資料をご用意しました。

資料ダウンロード